消費者金融で融資を受けるための審査基準

最新更新日 2014年12月9日

消費者金融消費者金融審査とは
総量規制が施行された影響で金融業界の借り入れ審査も厳しくなりました。各金融会社で規程された審査基準に通過しなければ、融資を受けることが出来ません。ただ、どの金融会社でも審査基準は類似していますので、標準的な審査内容を把握しておけば、審査で落とされることはないでしょう。

審査基準が甘い金融会社

消費者金融甘い

審査内容 Contents

借り入れ審査では、ネット上で申し込むネット審査と店舗などで直接申し込む窓口審査があります。窓口審査では通常の書類審査に加えて、申込者の人間性や文字の正確性なども吟味されます。ネット審査の場合は、書類選考だけなので人間性などの部分は吟味されません。書類審査では、勤務先の情報や収入の面、所在地が持ち家なのか賃貸なのか、家族構成や、現在の借金の額がどのくらいあるのかが審査されます。

最も重要なことは、現在の借り入れ状況でして、総量規制が施行された今日、年収の三分の一以上の借金がある方は新規の借り入れは出来なくなったので、もしも年収の三分の一以上の借り入れがある方は、その時点で審査で落とされることになります。また、勤務先の勤続年数なども重要なポイントで、勤続年数が一年未満の方などは信用が低くなりますので、もしも審査に通ったとしても限度額は低く設定されることになります。

一番信用の高い職業は言うまでもなく公務員や公共施設に勤務する人で、大企業に勤める人なども信用が高くなります。もっとも最近では大手銀行系の消費者金融でも、主婦を相手にパートやアルバイトでも限度額は低く(30万円程度)なりますが、融資をするようになっています。また、審査が甘くなるほどに消費者金融の質も低くなり、いわゆるヤミ金融と称される金融会社が多くなってきます。ヤミ金融とは貸金業登録をしていない非登録業者のことで、大手金融会社ではお金を借りれない多重債務者を相手に上限金利を上回る高利で融資をしているところが多いようです。